テーマ:工芸

近況(2018年8月17日 金)

8月も半ば 老人モードでちんたら生きてたら 月日は、どんどん早く過ぎます。 何度も書きますが本ブログは、おもいっきり使い心地が悪い。 使い心地が悪いので、最近は、あまり頻繁に新しい記事を書かずに、2~3カ月おきに近況をまとめる程度に使うことにしています。 さて その 近況です。 ここ数カ月 老人モードで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015年 職人の技展

2015年5月8日、15日、どちらも金曜日、上本町近鉄百貨店、職人の技展を見ました。 万年筆や鉛筆補助軸を轆轤で作られる方に会いました。 雑談の中で、綿時期轆轤に関する勉強の記録をお知らせすることになりました。 ここにまとめれば良かったのですが、ついつ、いつもの癖でブロガーに書き込んでしまいました。 ブロガーへ飛ぶには、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

作家のマトリョーシカ

авторскаяを「作家」と訳したのですが、「芸術家」の方がコノテーションを正しく訳すことになるでしょうか? といいますのも、このマトリョーシカは、近代的な芸術家のようなこだわりある表現だからです。 マトリョーシカは、時代背景と制作スタイルから大きく3種類に分かれます。 1898年頃、ズビョーズドチキンが最初のマトリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近況(「職人の技」展)

お久しぶりです。 このブログは、90日以上アップしないと特別な広告がつくそうで、その表示がついていました。 私にしてみれば、「もう90日経ったのか」という印象ですが・・・・。 というわけで、近況をアップします。 定年退職後ですから、ニーズに応じてあちらこちら。 3月から4月にかけては、健康保険や年金の手続きに翻弄されま…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

田中一幸展を見ました

1 田中一幸さん  田中一幸さんは、下の語をそのままコピペしてグーグル検索すればトップにヒットします。  「田中一幸 - karakuri」  箱根の木地師です。 2 箱根入れ子七福神  これは写真を見ていただくのが早いでしょう。  写真のように、順に中から一回り小さな象が出てくるものです。  …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

工芸リンク集

サーフィンですから、どんどん色々な工芸作品に行き当たるのです。 その都度ページを作っているときりがないので、一時保存みたいなリンク集を作ります。 ************************************************************ 下の画像は、私がキーロフ市を訪問した時に購入したディムカ玩具…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボゴロツコエ紹介動画

木彫り人形です。 まず、音楽を背景に作品が紹介され区短い番組を貼り付けます。 Богородская деревянная игрушка http://www.youtube.com/watch?v=L-0N0PVZb6Y ************************************…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロストフ・フィニフチ紹介動画

ネットサーフィンだから、時々とんでもない所に飛んでしまうのです。 ロストフのフィニフチに飛びました。 新しい産地に飛ぶたびにリンクのページを作っていたらきりがないですね。 でも、作ってしまうのです。 粗製濫造ですが、張込みは後日精査します。 軽音楽背景の動画だから、もう、そのまま貼ってしまいます。 フィニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムスチョーラ紹介動画

ユーチューブのサーフィンで動画を探していますので、ミニアチュールの動画は、すぐに別の産地に飛んでしまうのです。 後で探すのが面倒だから、別のページに貼り付けてしまうのです。 いつまでもそんなことをしていられませんから、ムスチョーラのページを作ります。 ムスチョーラは作家の個人宅へ招待されました。 その作家は、後日我が家へ遊び…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ホールィ紹介動画

ホールィは、旅行中に飛び込みで訪問したのですが、一番印象に残る、温かい応対をしてくれました。 私個人としては、一版親しみを感じた産地なのです。 でも、典型的なホールィの作品を買わなかった。というか、私は持っていません。 だから、代わりに絵の具や金箔を見せていただいている画像を貼っておきます。 さて、 ホールィ紹介動…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

パレフ紹介動画

貼り付けた画像は、私が持っているパレフの箱ですが、ここで紹介しようとしているのはサーフィンでみつけたパレフ紹介動画です。 まず、16分程度のПалех. Туризм.という番組です。 パレフ観光とでも訳しておきましょうか。 番組の最後にГОСТЕВОЙ ДОМ КОВЧЕГと出ます。 片仮名英語に訳すとゲストハ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

フェドスキノ紹介番組(+リンク集+)

 先程のページでラッカー・ミニアチュールの4つの産地を紹介しましたので、改めてそれぞれの産地紹介動画のリンク集を作ることにします。  上写真は筆者が購入したフェドスキノの作品です。  私の知り合いの人々は、ラッカー・ミニアチュールを「パレフ」と呼ぶ人が多いので、私は「パレフ」がラッカー・ミニアチュールを代表する呼び名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミニアチュール紹介番組-1

 便宜的にこの写真を「1番」とします。  お詳しくない方のために、初歩から始めます。  それは、概ねこのような容器の形をしています。  容器につけられた、細かい描画や飾り(オーナメント)がこのページのテーマです。  英語だとラッカーミニ・アチュール、ロシア語だとラクヴアヤ・ミニアチューラ。  日本語だと漆芸が近いで…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ルースキー・スヴェニール・復活祭卵-4

民芸卵と産地  ロシア革命によって芸術的な復活祭卵の贈り物は消滅しました。  他方、最も無神論の強かった革命後の10年間でさえ、復活祭はロシア全土の正教徒に重要な祝日として世代から世代へと引き継がれました。  クラシェンカ(крашенка)という単色又は複数の色を塗った卵と、ピサンカ(писанка)という模様を描いた卵で復活祭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マトリョーシカ工場(?)、スヴェニール(キーロフ)

 キーロフのスヴェニールというマトリョーシカ工場です。  この工場では、マトリョーシカの他に、チェスとロットというゲームの駒を作っています。  この建物、左半分が工場の入り口、右半分はマガジン(お店)です。  この建物の左側が車の入り口です。  多量の木材が運び込まれます。  ところで、前日、こ…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

マトリョーシカ工場(?)、セミョーノフスカヤ・ロースピシ

 セミョーノフスカヤ・ロースピシ(Семёновская роспись)です。  セミョーノフには、ホホロムスカヤ・ロースピシとセミョーノフスカヤ・ロースピシという2つの大きなマトリョーシカを作っている工場があります。    道路に面した建物。  これが入り口だと思うのですが・・・・  乗ってきたホンダ車のタ…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

マトリョーシカ工場(?)、ホホロムスカヤ・ロースピシ -2

 ホホロムスカヤ・ロースピシ(Хохломская роспись)のマトリョーシカです。  まず、博物館「ザラタヤ・ホホロマ(Золотая Хохлома)」の展示から。  このように、博物館には、マトリョーシカも展示されています。  セミョーノフ様式です。  再度、工場に戻って、マトリョーシカ製造風景を…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

ロシアの工芸

************************************************************ 最近のブログ記事にリンクを貼った2016年(平成28年)の活動をアップしました。 なにしろこのページは「ロシアの工芸 ROKO」で検索にかかるものですから、こちらから上のリンクをクリックして跳んでいただく方が…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

木地師発祥の地

 マトリョーシカから始めて、ついに日本のロクロ誕生譚に至りました。昔の、ロクロ職人の様子です。この後、足踏み式のロクロを経て、今日のモーターを使う形になります。  左上の人が綱を引いて回転運動を作り出します。右上の人が刃物を当てて碗を削っています。下の人は器の粗削りをしています。  元画像を示します。  2009年6月7日…
トラックバック:4
コメント:4

続きを読むread more

近況3題

 近況をまとめます。2009年4月3日(金)ロシアからメールが届きました。  桃太郎のマトリョーシカができそうです。  2009年4月19日(日)マトリョーシカ関係の情報を求めて、京都市内を動きました。  城たいがさんのお店、ロシア雑貨のお店「リャグーシカ」、そして桃太郎マトリョーシカ、以上3点について書きます。 1 「…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

新春の御挨拶を申し上げます

 新春を寿ぎ、皆々様のご多幸をお祈り申し上げます。  平成20年、2008年はマトリョーシカのルーツを巡る一年でした。  箱根=入れ子七福神ルーツ説、松山=姫ダルマルーツ説、セルギエフ・パサード=玩具博物館、モスクワ=マトリョーシカ博物館等について、ダイジェストでお送りします。  モスクワ北方約70キロメートルにあるセルギエフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マトリョーシカ工場(?)

 セルギエフ・パサードにある「АОФИС、(イグルーシキとスヴェニール=玩具と記念品)」という工場です。マトリョーシカを削りだすところから絵付けまで見せてくれます。  2008年8月14日(木)の記録に、2007年8月4日の記録を併合しました。  2011年12月4日から少し手を加えています。  取り急ぎ、この工場のU…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

イズマイロヴォ

 今回はイズマイロヴォのヴェルニサージュ(土産物市場)へ3回行きました。 8月9日(土)、8月10日(日)、8月13日(水)です。  8月9日(土)は、マトリョーシカ博物館が休館で、予定が狂ったので、取り敢えずイズマイロヴァへ行くことにしました。  そしたらそこでジャンナさんというマトリョーシカの作家に出会いました。  土…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

絵付け-絵の具

 セルギエフ・パサートの工場で撮影したマトリョーシカの絵付け風景である。  上2枚は1997年、下2枚は2007年に撮影した。  最後の1枚がわかりやすい。  筆にたっぷり絵の具をつけて、べたっと塗り込んでいる。ガッシュによる不透明描法である。  「絵の具はなんですか」という質問に対して、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

轆轤師(ろくろし)、旋盤工

2015年5月17日(日)一部手直ししました。  チャイナといえば磁器、ジャパンといえば漆器、 漆器の土台となる木材の成型を担当する巧(たくみ≒職人)を木地師という。形作るものは必ずしも円筒形とは限らないので、木地師=轆轤師ということにはならないが、木地師で検索すると、ほとんどのサイトが轆轤を紹介している。  碗、茶筒、花器等々…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セルギエフ・パサード

 セルギエフ・パサードはモスクワの北東約70キロメートルに位置する人口11万人程度の町である。  位置関係を示したくて簡単な地図を作ってみた。  どこにでもありそうな地図だが、筆者の趣味であまり日本では見かけない地名が入っている。  モスクワから北東に走ると、ムィティシシー、ソフリノなどの街を経てセルギーエフ・パサード…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

セルギエフ・パサードのマトリョーシカ

 次に紹介するのはこの2体のマトリョーシカである。  これがセルギエフ・パサードの特徴がよく出ているマトリョーシカである。  中の小さなマトリョーシカを取り出して、それぞれ並べたのが下の写真である。  これらの作品の特徴をまとめよう。 1 現実の田舎の少女を戯画化して描いている。 (1)原則とし…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

お気に入りマトリョーシカ

 この写真から始めよう。  1995年にモスクワ市東部にあるイズマイロヴァ市場で購入した。筆者はモスクワ滞在中にいくつかマトリョーシカを購入したが、その中で最も気に入っているものである。  作品の底に記録がある。セルギエフ・パサート、1995年、コズロワと読める。  一番外側の人形は、座りを良くするために土…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more