テーマ:文化

田中一幸展を見ました

1 田中一幸さん  田中一幸さんは、下の語をそのままコピペしてグーグル検索すればトップにヒットします。  「田中一幸 - karakuri」  箱根の木地師です。 2 箱根入れ子七福神  これは写真を見ていただくのが早いでしょう。  写真のように、順に中から一回り小さな象が出てくるものです。  …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

マトリョーシカ博物館紹介番組

変なのです。 この番組は、以前に貼り付けて紹介したと思い込んでいたのですが、 自分のリストに見当たらないのです。 見落としたのでしょうか。 というわけで、改めて貼り付けます。 Хорошее видео, но тихое очень. (良いビデオだけど、とても音が小さい)という書き込みがあります。…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

ロストフ・フィニフチ紹介動画

ネットサーフィンだから、時々とんでもない所に飛んでしまうのです。 ロストフのフィニフチに飛びました。 新しい産地に飛ぶたびにリンクのページを作っていたらきりがないですね。 でも、作ってしまうのです。 粗製濫造ですが、張込みは後日精査します。 軽音楽背景の動画だから、もう、そのまま貼ってしまいます。 フィニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムスチョーラ紹介動画

ユーチューブのサーフィンで動画を探していますので、ミニアチュールの動画は、すぐに別の産地に飛んでしまうのです。 後で探すのが面倒だから、別のページに貼り付けてしまうのです。 いつまでもそんなことをしていられませんから、ムスチョーラのページを作ります。 ムスチョーラは作家の個人宅へ招待されました。 その作家は、後日我が家へ遊び…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ホールィ紹介動画

ホールィは、旅行中に飛び込みで訪問したのですが、一番印象に残る、温かい応対をしてくれました。 私個人としては、一版親しみを感じた産地なのです。 でも、典型的なホールィの作品を買わなかった。というか、私は持っていません。 だから、代わりに絵の具や金箔を見せていただいている画像を貼っておきます。 さて、 ホールィ紹介動…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

パレフ紹介動画

貼り付けた画像は、私が持っているパレフの箱ですが、ここで紹介しようとしているのはサーフィンでみつけたパレフ紹介動画です。 まず、16分程度のПалех. Туризм.という番組です。 パレフ観光とでも訳しておきましょうか。 番組の最後にГОСТЕВОЙ ДОМ КОВЧЕГと出ます。 片仮名英語に訳すとゲストハ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

フェドスキノ紹介番組(+リンク集+)

 先程のページでラッカー・ミニアチュールの4つの産地を紹介しましたので、改めてそれぞれの産地紹介動画のリンク集を作ることにします。  上写真は筆者が購入したフェドスキノの作品です。  私の知り合いの人々は、ラッカー・ミニアチュールを「パレフ」と呼ぶ人が多いので、私は「パレフ」がラッカー・ミニアチュールを代表する呼び名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミニアチュール紹介番組-1

 便宜的にこの写真を「1番」とします。  お詳しくない方のために、初歩から始めます。  それは、概ねこのような容器の形をしています。  容器につけられた、細かい描画や飾り(オーナメント)がこのページのテーマです。  英語だとラッカーミニ・アチュール、ロシア語だとラクヴアヤ・ミニアチューラ。  日本語だと漆芸が近いで…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

マトリョーシカ紹介番組

さぼっていると、いつのまにか9カ月。 新しい記事を書かないまま9カ月過ぎると、特別な広告がつくそうで・・・・ 追い立てられるみたいにネタを探しました。 ロシアテレビのマトリョーシカを紹介する番組を見つけました。 下に貼り付けます。 2014年4月29日。上の動画を、再度貼り付けます。 下のように、削除され…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

復活祭卵(イースターエッグ)後日談

 ルースキー・スヴェニール・マトリョーシカを訳したついでに、イグルーシカ(玩具)とパスハーリヌィエ・ヤイツァも訳しました。  ルースキー・スヴェニールをシリーズだと考えれば三部作を訳したことになります。  その三番目の書物、  パスハーリヌィエ・ヤイツァは復活祭の卵です。  日本では、変に日本語に訳しきらずに、英語の「イ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「プーシキン美術館」について

「プーシキン美術館」について 写真に興味をお持ちいただき、コメントをいただき、ありがとうございます。 プーシキン美術館のページの写真は全て自分で撮影したもので、著作権は私に所属します。 著作権については、あまり深く考えていないのですが、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの「表示、 (Attribution, BY)」レベルで…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

備忘録

本ブログを御覧の方には申し訳ないのですが、このページは全くの管理人のメモのページです。 興味ある方が御覧になるのは結構ですが、無味乾燥なメモのページであることをお断りします。 何をしているかと申しますと、 自分の翻訳ノートをクラウド気分で、このページに作っているだけです。 つまり,出先で、自分が簡単に閲覧できる、自分…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

お知らせ(プーシキン名称美術館の話)

プーシキン(名称)美術館が、浮世絵所蔵作品をサイトで公開しているのを見つけました。 日本人は、モスクワに出かけてこれを鑑賞するのは困難ですが、サイト上の作品を見ることは簡単です。 ページは、日本語、ロシア語、英語が選べます。 私がここにリンクを貼っても、ここからプーシキン(名称)美術館へ飛ぶ人は少ないかもしれません。 で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Flickr 20121228 トレチャコフ・ギャラリー

ICT(情報・通信・技術)の世界は日進月歩。 ちょっと油断するとすぐにシーラカンス(生きた化石)になってしまいます。 こういう比喩やレトリックは、書く技術としてよくないのでしょうね。 「シーラカンスは化石じゃなくってちゃんと生きている」 「人間が勝手に決めつけてるだけだ」 シーラカンスは文句を言わないでしょうけど、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新年の御挨拶を申し上げます

新年の御挨拶を申し上げます ↑By Joseph Timmons (この写真の撮影者です。彫刻作品は、写真撮影者に著作権があります。)  2013年3月末日 退職を迎えます。  あと数日ではっきりするうわさとして、退職はもう少し早くなりそうですが・・・・・・・  後は、余りもの人生、「余生」です。不良老人。の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

巨大マトリョーシカ

久しぶりにモスクワの友人からメールが届いきました。 モスクワのショッピングセンターに巨大なマトリョーシカが登場したようです。 先に頂いた写真をこのブログにも貼り付けましたが、 下のサイトに直接アクセスされますと、ロシア語が読めなくても、写真で、ショッピングセンターに登場した巨大なマト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未来からの訪問者

2017年6月6日(火)追記 以下のように(緑文字部分)YouTubeの動画を貼り付けていたのですが、今は、リンクが切れているようです。  未来からの訪問者を貼り付けます。 上の文の下にYouTube動画を貼り付けていたのですが、上のようにリンク切れになっていますので、動画部分は削除します。 ただし、 Го…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

戦争と平和

 モスフィルムの名前で、You Tubeに、「戦争と平和」の動画が公開されています。  ロシア語ですから、ある程度ロシア語がわからないと見ても楽しくないかもしれませんが、戦闘シーンの規模の大きさや、ナポレオン時代のモスクワの描写など、なかなかの見物です。  取り急ぎ、これらの場面を部分的に紹介する練習をします。  うまく動かな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペトリク

 新年の挨拶以来ですから、半年以上休憩してしまいました。  You Tubeにはまっていました。  特に「Гостья из будущего(未来からの訪問者)」に時間がかかりました。  その後色々なサイトを訳している内に半年経ちました。  中断していたブログを、突然再開したくなったのは、下のような動画を見つけたか…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

年始の御挨拶を申し上げます

2012年、年始の御挨拶を申し上げます。  今年は、還暦を迎えます。  あと1年働きますが、視力低下、肩こり、腰痛、その他色々、精神も肉体もしっかり老化、休日は寝たきり老人です。  2011年前半は、作業能力が衰え、簡単な仕事に忙殺される毎日でした。  「ルースキー・スヴェニール」シリーズ「イグルーシカ」と「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2010年8月16日(月)・17日(火)

 モスクワ最後の2日間です。  今回の旅行は、ニジニ・ノヴゴロドとキーロフでおなか一杯。  最後の時間をむさぼらずゆっくりすごします。  でも、「絶対」の課題が2つあります。  ひとつは、「ルースキー・スヴェニール・マトリョーシカ」原著出版社のインテルブック・ビジネスを訪問すること。  もうひとつは、マトリョーシカ博物…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

2010年8月15日(日)~モスクワ~イズマイロヴォ・ヴェガホテル他

 ここからは、小ネタ集になりますので、番号を打って、目次を作ります。   1 モスクワへ   2 イズマイロヴォ・ヴェガ・ホテル   3 電話   4 ヴェルニサージュ   5 Gさん宅訪問   6 休憩と中心部徘徊 1 モスクワへ  8月14日(土)23時45分発の夜行でニジニ・ノヴゴロドからモスクワに向かいま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2010年8月14日 差別と偏見の構造を垣間見る

 8月14日(土)オクチャブリスカヤ・ホテルをチェックアウトする直前、部屋でくつろいでいるとき、アレクセイが溜め息のようにボソッと言いました。  「こちらの人は、温かい」  「うん、ロシア人は温かいよ。何か心配でもあったの?」  アレクセイは、日本に来たことはあるのですが、ニジニ・ノヴゴロド方面へは、今回が初めてだそうです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ディムカとヴャトカ(キーロフ)

 キーロフ地方特産、ディムカ玩具です。  ディムカについては、訳者が海外のサイトを、管理者の了解を得て日本語で作り直したページがあります。  下にいくつかリンクを貼っておきますので、ついでに御覧いただければ幸いです。  ロシアの工芸=色々な産地に関する海外サイトを訳した、筆者のカパーページを兼ねたページ  ドィム…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

キーロフ ホテル・町・道中

 キーロフ(Киров)市、グーベルンスカヤ・ホテルです。  室内です。  右側がシングルベッド  左側がジバンクラヴッチ(ソファベッド)  これは、変形しません、そのままでソファとしてもベッドとしても使えます。  ベッドのスプリングが柔らかすぎたので、ジバンクラヴァッチで寝ました。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

セミョーノフ・博物館

セミョーノフの博物館です。 取り急ぎ、画像を貼り付けました。 少しずつ説明を書き加えます。  門から入ると、入り口はこんな風になっています。  だれもいないと、一寸入りにくい雰囲気?  ロシアは、木の国です。  建物の飾り部分です。  セミョーンの伝説から想像できるように、木工具(斧)と…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ニジニ・ノヴゴロド クレムリンとその周辺

 クレムリンとその周辺を紹介します。  クレムリンの中に博物館があるのですが、これは、別に紹介します。  クレムリンとその周辺は、南東の高台から、北のヴォルガ川、西のオカ川に向かう、かなりの斜面にあります。  クレムリン西側の壁です。  階段状になっています。  クレムリン南側の壁です。  兵器が…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ニジニ・ノヴゴロド概要とホテル

ニジニ・ノヴゴロド概要とホテル  ニジニ・ノヴゴロドは、州名であると同時に、州都の都市名です。  都市としてのニジニ・ノヴゴロドは、以前はモスクワ、サンクト・ペテルブルグに次ぐロシア第三の都市と紹介されていたのですが、最近は、ノボ・シビルスクに次ぐ第四の都市と紹介されています。  簡単な地図を作ってみました。  …
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

モスクワからニジニ・ノヴゴロドへ

 2010年8月8日(日)17時15分の着予定が、アエロフロートが遅れて、19時頃にモスクワ、シェレメチボ空港に着きました。  飛行機を降りて、入国審査にバスで移動しました。  シェレメチボ空港でバス移動は、初めての経験です。  パスポートコントロールは、数名の列に並んだだけで、簡単に通過できたのですが、預けた荷物がなかなか流…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ロシアは燃えていた

 これは、ささやかな記念のページになるでしょう。  本文は、ニジニ。ノヴゴロドのアクチャブリスカヤ・ホテルから、ホテルの無料接続サービスを使って書き込んでいます。  写真は、ホテルの窓から見えるヴォルガ対岸の火事です。  煙で曇った空に立ち上る煙が見えますか?  見えないだろうから強引に見せます。矢印の所です。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more