テーマ:イグルーシカ

ルースキー・スヴェニール・イグルーシカ-4 「コレクター向けの創作人形」-後編、後書き

 どうしても詰め込みきれなかった画像3点と後書きのページです。  まず画像から。 (左)ボディーガード(Телохранитель)  1999年 さようならピエロ(Прощай. Пьеро) モスクワ 作家: ディーマ PZH(Дима ПЖ) 合成粘土、織物、ビーズ 作家蔵 (右)コンポジション「提案」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルースキー・スヴェニール・イグルーシカ-4 「コレクター向けの創作人形」-前編

 ロシア最初の創作人形は、17~18世紀に、特別注文で武器庫の優れた職人が作りました。  オルジェイナヤ・パラータ(Оружейная палата=「武器庫」)の前身は帝室の武器、家具、宝石類等を作ったり管理したりする部門で、最高の技術を持った職人がいたのです。  職人が作った玩具はロシア皇帝や貴族の子どもたちに与える玩具でし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルースキー・スヴェニール・イグルーシカ-1-「昔のロシアの玩具」-後編

本文は「ルースキー・スヴェニール・イグルーシカ 1-後編です。前編へのリンクを貼っておきます。 **************************************************** 兵士 指揮官と軍隊(日露戦争 1905年) C.G.ロマノフ コレクション スズ ブリキ ********…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ルースキー・スヴェニール・イグルーシカ-1-「昔のロシアの玩具」-前編

以下「ルースキー・スヴェニール・イグルーシカ(玩具)」を訳します。 子どもの玩具には、しばしば深い意味があります。 ヨハン・フリードリヒ・フォン・シラー (Иoганн Фридрих Шиллер、1759年~1805年)  遊戯や玩具は人類と同じくらい古いものです。  文明のあけぼの以来、玩具は、子どもの成…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more