テーマ:

工芸リンク集

サーフィンですから、どんどん色々な工芸作品に行き当たるのです。 その都度ページを作っているときりがないので、一時保存みたいなリンク集を作ります。 ************************************************************ 下の画像は、私がキーロフ市を訪問した時に購入したディムカ玩具…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボゴロツコエ紹介動画

木彫り人形です。 まず、音楽を背景に作品が紹介され区短い番組を貼り付けます。 Богородская деревянная игрушка http://www.youtube.com/watch?v=L-0N0PVZb6Y ************************************…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

復活祭卵(イースターエッグ)後日談

 ルースキー・スヴェニール・マトリョーシカを訳したついでに、イグルーシカ(玩具)とパスハーリヌィエ・ヤイツァも訳しました。  ルースキー・スヴェニールをシリーズだと考えれば三部作を訳したことになります。  その三番目の書物、  パスハーリヌィエ・ヤイツァは復活祭の卵です。  日本では、変に日本語に訳しきらずに、英語の「イ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

備忘録

本ブログを御覧の方には申し訳ないのですが、このページは全くの管理人のメモのページです。 興味ある方が御覧になるのは結構ですが、無味乾燥なメモのページであることをお断りします。 何をしているかと申しますと、 自分の翻訳ノートをクラウド気分で、このページに作っているだけです。 つまり,出先で、自分が簡単に閲覧できる、自分…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ルースキー・スヴェニール・復活祭卵-4

民芸卵と産地  ロシア革命によって芸術的な復活祭卵の贈り物は消滅しました。  他方、最も無神論の強かった革命後の10年間でさえ、復活祭はロシア全土の正教徒に重要な祝日として世代から世代へと引き継がれました。  クラシェンカ(крашенка)という単色又は複数の色を塗った卵と、ピサンカ(писанка)という模様を描いた卵で復活祭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルースキー・スヴェニール・復活祭卵-3

磁器卵  ピョートル大帝の改革の頃、磁器や張子(папье-маше)の技術が登場して、更にロシアの卵を発展させました。  まず、1749年の復活祭に向けて、ドミトリー・ヴィノグラートフ(Дмитрий Виноградов)が最初の磁器卵を作りました。  ロシアの磁器製装飾卵産業は1748年に始まりました。  1749年、…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

ルースキー・スヴェニール・復活祭卵-2

復活祭卵のいわれ  復活祭卵は、十字架で犠牲になったキリストの奇跡的な復活を象徴するものとして、キリスト教の重要な祝祭日に使われます。  最初の復活祭卵は、聖マグダラのマリアがローマ皇帝ティベリウスにささげたという伝説があります。  =訳注=  因みにティベリウス帝は(紀元前42年~紀元後37年)は、初代アウグストゥ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルースキー・スヴェニール・復活祭卵-1

 「ルースキー・スヴェニール・パスハリヌィエ・ヤイツァ(復活祭卵たち)」を訳して公開ます。  これでサラヴョーヴァの「ルースキー・スヴェニール」三部作を訳し終わることになります。  著作権上の了解を得ていることは、前2作と同じです。 表紙です 扉絵です。  ところで、三部作の内本書だけは「Пасхальные …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルースキー・スヴェニール・イグルーシカ-4 「コレクター向けの創作人形」-後編、後書き

 どうしても詰め込みきれなかった画像3点と後書きのページです。  まず画像から。 (左)ボディーガード(Телохранитель)  1999年 さようならピエロ(Прощай. Пьеро) モスクワ 作家: ディーマ PZH(Дима ПЖ) 合成粘土、織物、ビーズ 作家蔵 (右)コンポジション「提案」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルースキー・スヴェニール・イグルーシカ-4 「コレクター向けの創作人形」-前編

 ロシア最初の創作人形は、17~18世紀に、特別注文で武器庫の優れた職人が作りました。  オルジェイナヤ・パラータ(Оружейная палата=「武器庫」)の前身は帝室の武器、家具、宝石類等を作ったり管理したりする部門で、最高の技術を持った職人がいたのです。  職人が作った玩具はロシア皇帝や貴族の子どもたちに与える玩具でし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルースキー・スヴェニール・イグルーシカ-3 「ペレストロイカ時代の玩具」

 あたかも人々の様々な希望や意志が堰を切ったように、1980年代末にロシア手作り玩具の新しい時代が始まりました。  1980年代末にペレストロイカ(перестройка)の呼び名で知られる、ソビエト体制に対する社会的・経済的変革が起こりました。視覚芸術、とりわけ装飾的工芸の展開は100年前の、いわゆるロシア様式を彷彿させます。多…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルースキー・スヴェニール・イグルーシカ-2「民芸としての玩具」

 ソビエト政権の初期、手工芸としてのロシアの玩具は、深刻な危機に直面します。  革命のショックと激しい内戦のために、手工芸そのものが停滞しました。そして革命後の政策によって手工芸玩具は、月並みな工場生産玩具に取って代わられていきました。  モスクワ東方約500キロメートルにあるニジニ・ノヴゴロド州(Нижегородская о…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルースキー・スヴェニール・イグルーシカ-1-「昔のロシアの玩具」-後編

本文は「ルースキー・スヴェニール・イグルーシカ 1-後編です。前編へのリンクを貼っておきます。 **************************************************** 兵士 指揮官と軍隊(日露戦争 1905年) C.G.ロマノフ コレクション スズ ブリキ ********…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ルースキー・スヴェニール・イグルーシカ-1-「昔のロシアの玩具」-前編

以下「ルースキー・スヴェニール・イグルーシカ(玩具)」を訳します。 子どもの玩具には、しばしば深い意味があります。 ヨハン・フリードリヒ・フォン・シラー (Иoганн Фридрих Шиллер、1759年~1805年)  遊戯や玩具は人類と同じくらい古いものです。  文明のあけぼの以来、玩具は、子どもの成…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

年始の御挨拶を申し上げます。

新年を寿ぎ、皆々様の御多幸をお祈り申し上げます。  2010年8月4日、念願の訳本「ルースキー・スヴェニール・マトリョーシカ」が刷り上がりました。  左がハードカバーの原本。右がソフトカバーの訳本です。  訳本表紙の「マトリョーシカ」というカタカナルビが見えると嬉しいのですが・・・・  2010年8月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

20100101新春の御挨拶を申し上げます。

新春の御挨拶を申し上げます。  2009年は、前半は、おとなしく国内を動きました。  終盤は、もっとおとなしく、自宅にこもって、夜な夜な楽しみにしていた囲碁もやめて、専ら海外のサイトを訳しました。インフルエンザにはまだかかっていないのですが、2ヶ月近く風邪気味の状態が続き、仕事以外は、ほとんど寝たり起きたり、訳したりブロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロシアの工芸

************************************************************ 最近のブログ記事にリンクを貼った2016年(平成28年)の活動をアップしました。 なにしろこのページは「ロシアの工芸 ROKO」で検索にかかるものですから、こちらから上のリンクをクリックして跳んでいただく方が…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

ルースキー スヴェニール マトリョーシカ -5

(知人に配る目的で本訳書を自費で製本しました。100部少々残りましたので、ヤフーオークションに出品します。)  最終章にあたる部分です。本書が出版された1997年は、約7000倍といわれるハイパーインフレがようやく治まりつつある時期でした。街角で物乞いをしながら共産主義時代を懐かしむ老人がいる反面、「どんなに苦しくても自由が良い」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルースキー スヴェニール マトリョーシカ -4

訳注=ソ連崩壊後の経済的混乱期を生きた原著者の心情がうかがえる部分です。 64  ロシアの経済的、社会的、文化的生活が変わって、有名なゴルバチョフのペレストロイカはあらゆるロシアの独自性に対する世界の大きな関心を呼び起こしました。  絵付きマトリョーシカは独特のルネッサンスで再生しました。  100年前のようにマトリョーシカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルースキー スヴェニール マトリョーシカ -3

 以下、セルギエフ・パサートからニジニノブゴロド、ヴャツカ(Вятска)=キーロフ等に産地が広がる過程が紹介されます。  セルギーエフ・パサートのマトリョーシカは大変な人気でしたが、その人気のせいでしょうか、ロシア各地にマトリョーシカ制作と絵付けの新しいセンターができました。  普通これらは古い家内工業の発祥地、とりわけ旋盤工…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルースキー スヴェニール マトリョーシカ -2

 ここでは、マトリョーシカの歴史を大きく「多様な初期」「典型化のソ連時代」「自由と個性化の今日(1997年段階)」の3つの時期に分けて概説されます。 И. Прoхоров  I.プロホロフ 8ピースのマトリョーシカ ナポレオンと幕僚 セルギエフ・パサード 1912年 玩具博物館 26ページ 初め --…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルースキー スヴェニール マトリョーシカ-1

(知人に配る目的で本訳書を自費で製本しました。100部少々残りましたので、ヤフーオークションに出品します。)  マトリョーシカ誕生から、初期の様々なマトリョーシカが紹介されます。いきなり日本の箱根人形が参考になったと紹介されます。  2013年9月、マトリョーシカを紹介する興味深い動画を見つけたので、ブログに貼り付けました。…
トラックバック:5
コメント:2

続きを読むread more