テーマ:玩具

近況(「職人の技」展)

お久しぶりです。 このブログは、90日以上アップしないと特別な広告がつくそうで、その表示がついていました。 私にしてみれば、「もう90日経ったのか」という印象ですが・・・・。 というわけで、近況をアップします。 定年退職後ですから、ニーズに応じてあちらこちら。 3月から4月にかけては、健康保険や年金の手続きに翻弄されま…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

ルースキー・スヴェニール・イグルーシカ-3 「ペレストロイカ時代の玩具」

 あたかも人々の様々な希望や意志が堰を切ったように、1980年代末にロシア手作り玩具の新しい時代が始まりました。  1980年代末にペレストロイカ(перестройка)の呼び名で知られる、ソビエト体制に対する社会的・経済的変革が起こりました。視覚芸術、とりわけ装飾的工芸の展開は100年前の、いわゆるロシア様式を彷彿させます。多…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルースキー・スヴェニール・イグルーシカ-2「民芸としての玩具」

 ソビエト政権の初期、手工芸としてのロシアの玩具は、深刻な危機に直面します。  革命のショックと激しい内戦のために、手工芸そのものが停滞しました。そして革命後の政策によって手工芸玩具は、月並みな工場生産玩具に取って代わられていきました。  モスクワ東方約500キロメートルにあるニジニ・ノヴゴロド州(Нижегородская о…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more