略図

 もう一度別の角度から2014年8月のロシア旅行を整理してみます。

 略図を作ってみました。濃緑色の日本列島を45度回転させて二つはりつけました。
 正距正方位図法ではありませんが、おおまかな位置や距離の関係はわかると期待します。
画像


 赤丸が3つあります。
 東から順にヴラディヴォストーク、ノボシビルスク、そしてカリーニングラードです。
 カリーニングラードは飛び地で、赤丸が大きすぎて領土からはみ出していますが、概ねこの辺りです。

 ノボシビルスクがロシア領土の中央付近にあることがわかると思います。

 エカテリンブルグは赤紫の丸で示しました。
 ノボシビルスクからエカテリンブルグまでは、概ね長崎から北海道までの距離に匹敵するのでしょうか。
 青丸はモスクワとポールホフスキーマイダンです。
 モスクワに山口県、ポールホフスキーマイダンに大阪が重なるようにはりつけました。

 私が移動したのは、モスクワ~ポールホフスキーマイダンがタクシー。
 その後モスクワからノボシビルスクが飛行機。
 ノボシビルスクからエカテリンブルグが鉄道。
 エカテリンブルグで一泊して翌朝モスクワへ飛行機。
 そんな動きでした。

 さて、ロシア旅行は、ビザと外国人登録が必要です。
 ビザは出発前に発行を受けるから、それが無いとロシアに入国できないから問題は発生しません。
 外国人登録。英語だとレジストレーション、ロシア語だとレジギトラーチヤ。これが問題でした。
 以前は3日以上ロシアに滞在するとこれが必要でした。
 この書類が見当たらないためパスポートコントロールで止められている旅行者を見たことがあります。
 最近は1週間程度までは登録しなくても良いようで、当局もそれほど厳しくなくなったという噂を聞きました。
 私は滞在1週間を超えました。
 問題は、コスモスホテル4日、サヤーヌイホテル3日、ノボシビルスクへ夜行便、エカテリンブルグへ夜行列車、というわけで、だれも外国人登録手続きをしてくれませんでした。
 通常はホテルが手続きしてくるのですが・・・・。
 規制が甘くなったために、コスモスホテルもサヤーヌイホテルも、担当者が「要らない」と言って、手続きしてくれなかったのです。
 そしてエカテリンブルグ、マリンス・パークホテル。
 「こんなに長くいて、登録していないのはおかしい」
 というわけです。
 不幸なことに、ここは知り合いも通訳もいません。
 ホテルや交通機関の記録を見せて、
 「誰も手続きしてくれなかった。ここで手続きしてください」
 「それしか方法が無いでしょう」
 というような話をしました。
 結局、このホテルで手続きをしてくれました。
 そして、出国。
 空港の担当者は書類を見ようともしませんでした。
 エカテリンブルグという地方都市独特の現象だったのかも知れません。
 担当の女性が可愛くって親切だったから、面白い体験をしたことにしておきますが、
 冷や汗ものでもありました。

 もうひとつ書き加えます。

 ロシア語ではバンコマットといいます。日本で言うところのATMです。
 直接ルーブルを引き出せます。
 というわけで、私は1万円相当のルーブルと2000円程度のドルを持って行きました。
 何度かバンコマットでルーブルを引き出しましたが・・・・
 3日目の夜。暗証番号と金額を勘違いして打ち込んだらカードが返って来なくなりました。
 カウンターや売店やセキュリティや、いろいろな人に「カードが返って来ない」と訴えたのですが・・・・
 結局友人に電話して調べてもらったら・・・・
 この銀行では、暗唱番号を間違えたら安全のため(?)即刻カードを粉砕するようになっていたそうです。
 真っ青です。
 ロシア旅行には、予備のカードを持っていかなければならない。
 あるいは、やはり、トラベラーズチェックが安全なのかもしれません。

 それぞれ、エピソードの記事にリンクを貼っておきました。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた 驚いた
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック