地図(略図)

 略図を描いてみました。
 地図には著作権はないそうです。
 グーグルマップはマイマップとしてアップできます。
 でも、それでは、とても見にくいのです。
 そこで、グーグルマップを大きく取り込んで、要点の文字を大きくしてみました。
 一部消しきらずに元の文字を残しています。

 例えば、南の国、モンゴルやカザフスタンは、グーグルマップに示された文字をそのまま残しています。
 これは読めますね。
 では、エカテリンブルグの南にあるチェリヤビンスクやその西にあるウファは如何でしょうか?

 かなり読みにくいですね。
 でも、エカテリンブルグのすぐ南にあるチェリャビンスクは、ウィキペディアによりますと、本当のシベリア鉄道は、ここからウラジオストクまでなんだそうです。

 どうでも良い人は読みとばしてください。

 そして、チェビャリンスクのすぐ西にあるウファは、独特のマトリョーシカの産地なのです。
 ということにして
 地図を貼ります。

画像

 「画像容量を小さくする」にチェックが入った状態で貼り付けたものです。
 HTMLをみますと、width="320"になっています。勝手に変更されているようです。
 そこで、この数字を触ります。

画像


 width=500 hight=100にしてみました。
 私のコンピュータでは、一応ウラジオストク、ハバロフスクからモスクワまで表示されました。札幌はカットされています。
 そして、残念ながら、文字が小さくてみにくい。

 まともにウェブデザインの訓練を受けた人なら、ちゃんとした数字が閃くのでしょうが、素人の私は、全くのデタラメな数字です。

 続いて下は
 width=640 hight=156です。
 
画像


 私のコンピュータでは、大事な部分は見えますが、東半分が見えません。
 仕方ないから、東半分を地図の下に切り貼りしてみます。

画像


 さあ、どんな風に見えるでしょうか?
 私のコンピュータでは、東西を二分して上下に並べた地図ですが、なんとか読める大きさの文字で表示させることができました。

 こんなことをすると、ブログの使いやすさを比較したくなりました。
 本ブログはロシアネタですが、他のネタでやってるブログもあるのです。
 ぞれぞれのブログで同じ画像を、一部割愛して、表示させてみました。
 リンクを貼っておきますので、興味が、おありでしたら・・・・
 どうぞ

 「思いつくまま」というテーマのライブドアブログは、こちらからどうぞ。
 美術ネタのアメブロは、こちらからどうぞ。


 さて、ブログ使い心地の詳細は、本ブログの目的から外れるので、「思いつくまま」の方に書くとして、「ビッグローブブログ。そんなに悪くないな」というのが私の感想です。
 特に、画像を貼り付ける様子がHTML言語で示されるので最初は戸惑いますが、width や highy が直接目視してコントロールできるのは、今回のような場合は、メリットになりました。
 そして、画像は小さくて見にくくても、画像をクリックして拡大したときは、見えないわけでもないようです。

 というわけで、もうひとつ貼り付けます。

画像


 淡い赤円は、北西(上左)[セルギエフパサード、ボゴロツコエ]
 やや南西が[モスクワ]
 そして東にある赤円が「ニジニノヴゴロド]、
 続いて中央付近の、淡い黄色円は、ウラジーミル、スーズダリです。

 南にある黒い点のある赤いバルーンが[ポールホフスキー・マイダン]
 私のコンピュータだと見えないのですが、この地図の東端になるバルーンは[クルテツ(クルチェツ)]です。

 ポールホフスキー・マイダン、クルテツ、共にソ連時代、あまりに僻地過ぎて、共産党のキリスト教に対する弾圧が及ばなかった~と、サラヴョーヴァが書いた、地方の村です。





 取り急ぎ、今夜はここまでです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック